ねりけしワールド

明日はきっと良い日になる

ゆじまるくんって実は100人ぐらいいるんじゃないかっていう話

f:id:ibuki_ju:20180326074754p:image

このゆじまるくんは、22歳の男の子

四年制大学の文系学部生。この間キャンパスのすぐ近くに新しくスタバが出来てご機嫌。

 

f:id:ibuki_ju:20180326075407p:image

このゆじまるくんは、23歳の男の子

戦闘ファンタジー系漫画(単行本がちょっとでかいタイプの方)の敵側キャラ。最後まで悪役。

 

f:id:ibuki_ju:20180326075135p:image

このゆじまるくんは、13歳の男の子

全員小学校の違う5人で仲良くなれたことに運命感じてるけどこっぱずかしいから絶対言わない。

 

f:id:ibuki_ju:20180326092348p:image

このゆじまるくんは、8歳の女の子

友達のたっくんと一緒に夏祭りに出かける時、間違えてランドセル背負って来ちゃった。

 

f:id:ibuki_ju:20180326092524p:image

このゆじまるくんは、25歳の男の子

イカした服を着て渋谷を歩いて街角スナップに撮られるのが趣味。仕事はショップ店員。

 

f:id:ibuki_ju:20180326100023p:image

このゆじまるくんは、17歳の男の子

なんか最近さぁ、3年の入江って人がめっちゃ絡んでくるんだけどぉ。

 

f:id:ibuki_ju:20180326100352p:image

このゆじまるくんは、20歳の女の子

繁華街の変なキャッチを上手く躱す方法を編み出すため日々試行錯誤中。

 

f:id:ibuki_ju:20180326100613p:image

このゆじまるくんは、19歳の女の子

周りの友達は彼氏ができるとかできないとかで忙しそうだけど、自分は特に焦るつもりはない。断じて。

 

f:id:ibuki_ju:20180326100759p:image

このゆじまるくんは、24歳の女の子

読み聞かせが上手い。

 

f:id:ibuki_ju:20180326100953p:image

このゆじまるくんは、23歳の男の子

身の回りの何かがイタズラされていたら、大概この子の仕業。

 

f:id:ibuki_ju:20180326101439p:image

このゆじまるくんは、20歳の男の子

地域のお祭りで同級生達と和太鼓を叩き始めてはや6年、毎回終わった後に貰えるお菓子とジュースが好物。

 

f:id:ibuki_ju:20180326102006p:image

このゆじまるくんは、12歳の男の子

中学校の制服、どうせ身長伸びるんだから大きいのにしたら良いのに、何故かピッタリのにしたがる。

 

f:id:ibuki_ju:20180326102603p:image

このゆじまるくんは、27歳の女の子

大企業の美しき女性管理職。絶対定時で上がるウーマン。「女に生まれて、良かった!」

 

f:id:ibuki_ju:20180326102831p:image

このゆじまるくんは、15歳の男の子

新人ダンスアイドルユニットのメンバーとしてエイ◯ックスからデビューしたばかり。

 

f:id:ibuki_ju:20180326103028p:image

このゆじまるくんは、28歳の男の子

召しませ、極上アロマを。

 

f:id:ibuki_ju:20180326103049p:image

このゆじまるくんは、14歳の女の子

正直かぼちゃの味はそんなに好きじゃないけどジャックオランタンのビジュアルは好き。

 

f:id:ibuki_ju:20180326103058p:image

このゆじまるくんは、18歳の男の子

お弁当は屋上で食べる派。今の高校を選んだ理由は、昼休みに屋上が開放されるから。

 

f:id:ibuki_ju:20180326185506p:image

このゆじまるくんは、21歳の男の子

羊皮紙に羽ペンで筆記体の英語書いて封筒は蝋で止めて手紙出す系男子。

 

f:id:ibuki_ju:20180326190115p:image

このゆじまるくんは、アンティークドール

西洋のお屋敷で何年も大事に飾られてきた。ただ最近は置いておかれるだけの生活に飽きて脱走を企み始めている。

 

f:id:ibuki_ju:20180326190358p:image

このゆじまるくんは、24歳の男の子

よくホストか何かと勘違いされるが職場は街角のお花屋さん。金髪は地毛。

 

f:id:ibuki_ju:20180326190938p:image

このゆじまるくんは、19歳の男の子

昨日ヨシキくんと2人で男性グループ入場禁止のプリコーナーに入ったけどバレなかった。

 

f:id:ibuki_ju:20180327010013p:image

このゆじまるくんは、19歳の男の子

とある王国の、王家直属騎士団長の次男坊。動物が好きでよく拾ってくるので自室が動物園。

 

f:id:ibuki_ju:20180327010337p:image

このゆじまるくんは、17歳の男の子

Vanguard惑星調査団の探査部隊に史上最年少(当時14歳)で入隊し、現在は第3探査機「Dolly」で若くして機長を務めている。

 

f:id:ibuki_ju:20180327010936p:image

このゆじまるくんは、22歳の女の子

卒論と実習の板挟みで多忙な日々を送っているが、毎日の朝シャンとカフェ通いは欠かさない。

 

f:id:ibuki_ju:20180327013547p:image

このゆじまるくんは、10歳の女の子

周りの人から大人びてるねって言われるのは嬉しいけど、たまには年相応に構われたい今日この頃。

 

f:id:ibuki_ju:20180327014359p:image

このゆじまるくんは、21歳の男の子

鍋の具はつみれ団子が一番好き。

 

f:id:ibuki_ju:20180327014513p:image

これは悠路マル子

 

f:id:ibuki_ju:20180327014537p:image

このゆじまるくんは、18歳の男の子

韓国系ファッションとロックな洋楽が大好き。中学時代はもっと大人しい見た目だったので久し振りに会う人みんなに驚かれる。

 

f:id:ibuki_ju:20180327014716p:image

このゆじまるくんは、26歳の男の子

2ヶ月前からサブカル色の強い執事カフェで働いている。クール路線で行くか弟系にするかで迷い中。

 

f:id:ibuki_ju:20180327014751p:image

このゆじまるくんは、24歳の男の子

美大出身。昔友達とよく火遊びした空き地で、今はキャンパス広げて木炭画描いてる。

 

f:id:ibuki_ju:20180327014809p:image

このゆじまるくんは、22歳の男の子

大学のサークル仲間と一緒に徹夜で当てもなくドライブするのが好き。今の彼女は3人目。

 

f:id:ibuki_ju:20180327014826p:image

このゆじまるくんは、16歳の男の子

没落貴族の家に生まれた。近しい境遇の子供達と徒党を組んで父親の地位を取り戻すため奔走する。

 

f:id:ibuki_ju:20180327014844p:image

このゆじまるくんは、14歳の女の子

都会のJCなので洒落っ気づくのが早かった。キャンメでは満足できなくなりつつある。

 

f:id:ibuki_ju:20180327111157p:image

このゆじまるくんは、20歳の男の子

国家の要人のSP。髪色が派手で目立つので何度も注意されているがどこ吹く風、暖簾に腕押し。

 

f:id:ibuki_ju:20180327012218p:image

このゆじまるくんは、23歳の男の子

*ChocoLate Bomb!!というアイドルグループのピンク色担当で自他共に認めるカリスマ。中性的なビジュアルや趣味嗜好に反して男らしい声や性格が特長。

 

f:id:ibuki_ju:20180326191000p:image

このゆじまるくんは、爆裂戦隊チョコレンジャーが1人、静穏と信念の戦士チョコピンク

男だけどチームのお色気担当なのでお茶の間のお姉様方からの支持が熱い。

 

f:id:ibuki_ju:20180327015957p:image

このゆじまるくんは、爆裂戦隊チョコレンジャーのスピンオフDVD「チョコレートタイムカプセル」に登場するチョコグリーン

チョコピンクの過去の姿。以前と現在とでカラーが違うのには、グリーン時代に同じチョコレンジャーだったチョコレッドが関係しているらしい。

 

これだけで既にゆじまるくんが37人いるんだから、あと63人ぐらい普通にいてもおかしくない。

大好きの気持ちを言葉にしたかった。

 

私「Yちゃん(友人)、この前推しのSさんの舞台観に行ったんだよね?」

Y「行ったよー!舞台も推しも最高だった…いぶきちゃん(私)も今度推しさんの舞台(野崎弁当さん出演、アンフェアな月)行くんでしょ?」

私「行く行く!チケットギリギリで3階席だけど…」

Y「3階かぁ、絶対双眼鏡持って行った方が良いよ」

私「双眼鏡か!それは盲点だった」

Y「1階の後方でも結構遠いから3階なら絶対必要だと思う」

私「了解双眼鏡ね。でも持ってないな……虫眼鏡とかじゃ駄目かな」

Y「その発想は無かった」

私「ルーペとか」

Y「いぶきちゃんルーペ使ったら推しさんの演技より細胞とか観察してそう」

私「あ〜死ぬ前に一度は見たいかも推しの細胞」

 

推しの細胞が元気に分裂するところを観察するのが夢です。

体細胞分裂とかでも全然良いのですが、贅沢に贅沢を重ねるならば減数分裂だと最高に興奮します。

でもルーペでは細胞単位まで見えないと思うのですがまあいいです。

光学顕微鏡の使い方はマスターしているので、神様仏様株式会社DD様、いつか「DD所属アーティストの体細胞を観察する会」なんてイベントを開催するのは如何でしょうか。FC限定でも構いません。細胞観察の仕方は生物基礎の教科書なんかに大変解りやすく掲載されているはずです。

 

さて先日、MeseMoa. 2nd Singleの表題曲である「New Sunshine」のMVが公開されましたね。

兄弁当による「Java…」「Tea…」という謎の会話のその後動画が投稿されたのは午後7時頃だったかと思うのですが、私がそれに気がついたのはそれから3時間程が経った午後10時過ぎのことでした。

 

その日の宿題を終え、なんとなくTwitterを開く私。

騒ついたTL。泣き崩れる茶推し

「!?」のフキダシを頭上に浮かべ、DDメンバーとその周りの方のアカウントのみを集めたリストを開く私。

公式ちゃん「https://twitter.com/info_mesemoa/status/942695969765736448

私「ファッ!?!?!?」

 

リアルに声出た。

 

私「よし聴こう、今すぐ見よう、よし行くぞ、あっ待ってお腹痛い無理心の準備できてない!でも見る!今見ないでいつ見るの!?今でしょ!!えいっ(ポチッ)」

 

サムネ「f:id:ibuki_ju:20171221185001j:image

 

私「…………う“えぇぇぇぇん;;;;;」

妹「!?!?!?」

 

サムネで泣いた。

 

それからはずっと泣き通し。画面の真ん中で笑顔を見せる野崎弁当、真ん中で踊る野崎弁当、屋上で叫ぶ野崎弁当、落ちサビ前のソロパートを歌う野崎弁当……。

 

なんだこれは。

 

これは本当に現実か。

 

推し達の欲望と願望が生み出した幻ではないのか。

 

それほどまでに私たちの望みが、私たちの望んだ野崎弁当がこれでもかと詰め込まれた、こんなにも素敵なものが、現実で良いのか。

 

何処に居るとも知れない神様が、故郷より遠く離れた東京の地でこの日を楽しみにしていたであろう野崎弁当が、それで良いんだよと此方に向かって微笑んでいる気がしました。

 

ああ、わたし、茶推しで良かったなあ。

 

むすめん。と出会って、MeseMoa.と出会って、野崎弁当と出会って、しがない茶推しとして、今日まで生きてきて良かったなあ。

 

私は所謂新規のファンで、北海道から毎週末飛行機に乗って東京へ文字通り飛んで来る野崎弁当を知りません。

野崎弁当が仕事や天候の都合で出演できないイベントを知りません。

そんな時から彼を応援してきた先輩茶推しさん方が、どんな気持ちで推しのいないイベントに足を運んでいたのか、どんな気持ちで野崎弁当を応援していたのか、私は知らないし、一生知ることも無いでしょう。

それは私にとってすごく悔しいことです。

もっと早くに出会っていたかった。

もっと早くからこの人を応援していたかった。

何度も思いました。今でも思わないと言えば嘘になります。

 

でも、しょうがないんです。

今から3年前、当時からニコ厨だった友人に先生と僕の踊ってみた動画を見せられたことがありました。

けれどその時の私は、その動画に何の興味も示しませんでした。

そんなもんなんです。

出会うべくして、その時に出会ってるんです。

そして野崎弁当は、そんなセルフケアのような慰めの考え方を、肯定してくれるんです。

歴なんて関係ないと、どんな人であろうと、応援している人みんなに向けて、「ありがとう」と言ってくれるんです。

どれだけ救われたか分かりません。

自分がどうかより、此方がどうか、茶推しがどうか、と一番に此方を考えてくれる、

だから此方は一番に彼方を考えられる。

惜しみなく愛と笑顔を与えてくれるから、惜しみなく愛と笑顔(と金)を差し出せる。

 

初めて足を運んだ撮影会は、ライブの終演後でした。

大きなホールで見た、大好きな推しの笑顔は、もとより少ない私の語彙を奪い去るには十分すぎて、

お気に入りの演目についての感想も尽き、何も言葉が出てこなくなってしまった私の口をついて出た一言は、ただ「幸せでした」。

そんな頭の悪そうな私の言葉にも、彼はその笑顔と同じくらいに全力で応えてくれました。

『本当?じゃあ、俺これからも今日みたいに幸せ届けられるように頑張るから、また遊びに来てね!』

 

先生、この世界に天使って本当にいたんですね。

 

それ以来、野崎弁当という存在は私にとって、

推しアイドルであるという他に、

『幸せをくれるひと、幸せをあげたいひと』

となりました。

 

自分のことよりも先に、周りの、私たちの幸せを願ってくれるような人だから。

幸せをもらったその分、否それ以上に、幸せにしたい。

 

彼を知ってたった1年やそこらのファンにさえ、そう思わせてくれる、

唯一無二の最高のアイドルです。

 

ここまで来るまで、きっと大変だったと思います。それこそ私のような人間には想像のできないくらい。

白服さんのブログを読んだって、私には当時の野崎さんの気持ちなんて判りっこありません。

推しさん達だって、そうでなくてもグループのファンの方達みんな、不安だったと思います。

 

それでもアイドル気取りを続けてきてくれて、今ここに存在してくれる野崎弁当さんや、一緒に活動を続けてきてくれたグループのメンバーの皆様や、そんな彼らを応援してきてくれた方々に私は、

ありがとうって言いたいです。

 

私を野崎さんと出会わせてくれてありがとう。

彼をここまで連れてきてくれてありがとう。

今なおここにいてくれてありがとう。

 

わたし、野崎弁当が大好きです。

Muddy Waterの考察(妄想)をしてみる

初めまして。しがない弱小イルミィのいぶきです。

このためだけにはてなブログを開設しました。はてなさんお久しぶりです。

早速なのですが、今回のMeseMoa.さんの新曲「Muddy Water」。

死ぬほどかっこいいですね。

最初に見た後、思わず友人に動画を送り付けてしまったくらいです。ただの迷惑行為ですね。

ここからは私個人の解釈と言いますか、妄想の垂れ流しになります。

他の方達がちゃんとMVや歌詞に則った考察を上げてみえる中で、何の根拠もない妄想駄文です。

雨も泥も何も関係がない…。

これは違うだろう、などと思われてもそっとしておいてください。

かいしゃくは ひとそれぞれ。

私の妄想ストーリーを一言で表すと、「序盤から4人以上変身してるタイプの仮面○イダー」です。分かる人には分かる。

※都合上、男性同士の恋愛などを必然的に扱うことになります。

苦手な方、嫌悪感を覚える方はこの先の閲覧をご遠慮ください。

※構成上、地の文でメンバーを呼び捨てにしています。ご注意ください。

*☼*―――――*☼*―――――

元々、9人は仲の良い友達同士で、その中でも白服・とみたけ・あおいの3人は兄弟のように育った仲間でした。

と言いつつも、とみたけは白服と、あおいの方は二番煎じと恋人関係にありました。

しかし、あおいが二番煎じではなく白服へ新たな恋心を抱き、それを自覚してしまった時、物語は狂い始めます。

二番煎じは、あおいの気持ちが自分から離れ、叶っていたはずの恋が成就しないことを知ってしまいました。

彼はあおいに、白服さんが好きなら白服さんの所に行きなよ、俺はお前を諦めるから。そう告げます。

とみたけと白服が付き合ってることを、二番煎じは知っていました。

白服があおいの気持ちを断り、あおいが自分のところに帰ってくることを望んでいたのです。

しかし、そうはなりませんでした。

とみたけと付き合っていたはずの白服は、とみたけではなくあおいを選んでしまったのです。

二番煎じは驚きましたが、それもまた仕方のないこと、とあおいへの想いを諦めました。

9人それぞれの抱く恋愛感情は実に複雑で、

二番煎じと同じくあおいを好きだったフォーゲルも、ここで自分の恋を諦めます。

そんなフォーゲルは、特別仲の良かったノックソに想いを伝えられ、宥めすかされるようにしてノックソの手に収まりました。

野崎弁当は、白服が好きでした。

そんな野崎弁当のことを、にーちゃんが好きでした。

2人は、好きな人への想いこそあれど、その人を手に入れようとはしませんでした。

自分の好きな人が、他の人を好きなことを知っていたからです。

その点野崎弁当とにーちゃんは、他よりも少し、大人でした。

白服からの想いを手に入れたあおいは、実質とみたけから白服を奪ったことになります。

とみたけは嫉妬に狂いました。

「白服さんが俺以外の人を好きになるくらいなら、無理矢理にでも俺の物にするんだ。その目が俺以外の人を見るのなら、もう光なんか宿らなくていい」

とみたけは、白服を殺しました。

大雨の降る日、橋の上から、白服を突き落としました。

その瞬間を見ていた気まぐれプリンスが、全て覚えていますから、間違いありません。

白服に、抵抗する術はありませんでした。

大好きで大好きで仕方がない相手が最期に視界に入れた人間が自分だったことを、とみたけは嬉しく思いました。

とみたけは夢を見ました。

真っ白な部屋の中、目の前には大好きな白服さんが立っています。

手を伸ばしました。

しかし、その手が取られることはありませんでした。

何故なら、自分が彼を殺した時には既に、大好きな彼の気持ちは自分には向いていなかったからです。

白服は、とみたけのことが好きなはずでした。

白服は、あおいのことが好きでした。

とみたけは、白服のことが好きでした。

それだけでした。

野崎弁当は泣きました。

好きだった白服が、殺されてしまったからです。

「誰か、誰か白服を助けて。なんであいつが死ななきゃいけなかったんだ」

二番煎じは、自分の掌を見つめました。

この事件の元凶は、あおいを白服の所に行かせた自分にある。

あおいを自分の元に繋ぎ止めたままでいれば、こんなことにはならなかった。

野崎弁当がどれだけ願っても、二番煎じがどれだけ後悔しても、もう白服は死んでしまった後。

今更どうにもならないのです。

二番煎じは諦めました。

だって、もうどうにもならないのですから。

にーちゃんは、野崎弁当への想いを諦めました。

野崎弁当は、白服が好きだからです。

白服が死んでしまってもなお、野崎弁当は白服が好きでした。

雨に濡れた顔を水で洗い流しました。

この恋心とは、お別れです。

とみたけやあおいは可愛い弟のような存在でしたし、白服は心から尊敬できる相手で、大切に思っていました。

けれどもう、にーちゃんには成す術はありません。

にーちゃんは諦めました。

どうにもならないのだから、どうにでもなってしまえ。

気まぐれプリンスは走りました。

全てを知っているからです。

とみたけが白服を殺したこと、その理由、これからとみたけが誰の所へ行くつもりなのか。

止めなければ。

このままじゃ、白服さんだけじゃなくて、あおいくんまでーーー

白服を失ったあおいは泣き叫びます。

当然です、大好きな恋人が殺されてしまったのですから。

それを殺したのが、仲の良かったはずの親友だったなんて、

悲しくないわけがありません。

そこに現れたのは、とみたけでした。

兄弟のように仲良しだった親友で、大好きな白服を殺した相手です。

あおいへの気持ちを諦めたフォーゲルは、それでも想いの全てを忘れられはしませんでした。

それを知っているノックソは、フォーゲルの肩に伸ばした手を戻しました。

ノックソは、フォーゲルからフォーゲルを奪ったのです。

フォーゲルから、フォーゲルの気持ちを奪ったのです。

ノックソは、あおい達3人を取り巻く恋の争いと、それが最早命に関わることであると知っていました。

そこに、大好きなフォーゲルを巻き込みたくなかった、巻き込むわけにはいかなかった。

だから、フォーゲルを奪い取りました。

あおいがとみたけに摑みかかります。

「なんで殺した、なんで白服さんを殺したんだよ!!」

とみたけはあおいを突き放します。

「お前がいたから!お前がいたから俺はあの人を殺すしかなかった!!殺すことでしかあの人を手に入れられなかった!!」

とみたけが白服を殺したのは、自分の所為でした。

自分の所為で、白服はとみたけに殺されました。

全部、自分の所為でした。

俺がが白服さんを愛さずにいられたなら、今頃3人で笑えていた?

誰も悲しまずにいられた?

とみたけは、あおいの首に手を掛けます。

あおいは、抵抗しませんでした。

ただ、苦しかったのか、少しだけとみたけの腕を掴みました。

「早く、白服さんのそばに行かせて…」

気まぐれプリンスは、間に合いませんでした。

結局、何も止められませんでした。

とみたけは泣き叫びました。

2人を殺したのは、自分です。

白服を殺しても、あおいを殺しても、自分の恋は叶いませんでした。

次の夢には、白服もあおいもいませんでした。

白服さんへの恋が、最後の恋だと知っていたら。

俺はもっと上手に、白服さんを愛せたの?

空が晴れても、とみたけの涙は枯れませんでした。

*☼*―――――*☼*―――――

なんだこれ。